Asuka Terada Official Web Site 寺田 明日香 オフィシャルサイト

キレイとキタナイの定義

2018.01.19

こんにちは、あすかです!

 

 

今日は、家で勃発した夫婦喧嘩(笑)から、不思議に思ったこと(どう解決したら良いかという悩みでもある…)を書きます。

 

 

事の発端は昨日、仕事から帰ってきてご飯を食べようとキッチンに立つと、なんか臭い。

 

 

むむ…

まぁ…さておき、ご飯が先だ。

温めようとコンロの前に立つと、コンロ周りとコンロ下の床が油まみれになっている。

洗ってあるはずの皿もヌメヌメ。

 

 

むむむ…

まぁ…とりあえず先に食べよう。

 

 

椅子に座る。

何やら、足元がベタベタする。

 

 

むむむむ…ムッキ〜〜!!!!!!ボフっ!!!!(爆発音

 

 

と、キレました。

私の性質的に、キッチン、ダイニング、トイレ、お風呂など、「自分カラダのために何かをするところ」は、割と ”細かくキレイ” になっていないと駄目なのです。

 

 

…はい、面倒くさいタイプの人間かもしれません。(笑)

 

 

しかし!

1.料理はキレイなキッチンだと楽しいし効率も良い。

2.キレイなテーブルでご飯を食べると美味しい。

3.1日の最後はキレイなお風呂でゆっくりしたい。

と思って生きているのです。

どうしても譲れない。。

 

 

しかしながら、オットはそういう感覚は持っていないようで、私からいうと”ちょっとキタナイ”が、彼の”キレイ”の感覚な気がしたのです。

 

 

ちなみち、先ほどの私がキレた要因の原因を聞くと、

 

 

・臭いニオイ=コープのお料理キットのお肉を丸焦げにした

・油ギトギト=ごま油で強火で揚げ物をした(↑のお肉)

・床のベトベト=ムスメのジュースをこぼした

でした。

 

 

どうしてその時に対処しないの?と聞くと、

 

 

オット:え。やったけど。

 

 

あ:いやいや、できていません。

となり、喧嘩勃発したわけです。

 

 

私の”キレイ”の定義は、

キレイ=清潔であり、

ちょっとベトベト・ちょっと不潔=キタナイ

なのです。

 

 

しかし、オットのキレイの定義は、

キレイ=机や台の上にものがない(ダイレクトメールやビニールが置いてない)であるようで、

ちょっと不潔=キレイ

になるようです。

 

 

目に見えないものの定義や常識は、その人の感覚にかなり影響されるわけで、

自分がそうだと思っていても、他人は違うことは多いのですよね。

 

 

しかしながら、一緒に住んでいてそういことが起こると、自分のテリトリーに何かされているようで、なんとなく落ち着きません。

 

 

…結婚に向いてないのか…?(笑)

 

 

マニュアル人間と自分で言っているオットなので、マニュアルを作ろうかなと本気で考えています。。

 

 

みなさんの”キレイ”の定義は、どのくらいなのでしょうか?

 

 

あすか